トクナガによる映画批評空間

東海カルチャークラブで活動している徳永真一が主に歴史の面白さについて語っていくブログです。たまに歴史以外のことも書く予定です。

【ターミネーターのCPUはファミコンと同じらしい】映画「ターミネーター」批評

ターミネーター」という映画を今更見たので批評をしていきたいと思う。

ちなみに言っておくと初代ターミネーターだけ視聴した状態。

まず言っておきたいのが、

「MOS6502すげええええええええ!」

 ということ。

 

わからない人向けに説明すると

MOS6502とは

1975年に開発されたCPU(パソコンの頭脳部分)のことである。

 

この映画の各場面で、ターミネーター(T-800)視点の時にプログラムのソースコードのようなものが表示されることがある。

ここで使われているのがアセンブラ言語というものでLDA命令というものを使っている。

LDA命令を使っているのはMOS6502しかない。

 

そのためターミネーター(T-800)のCPUはMOS6502ということになる。

 

これだけではピンとこない人もいるだろう。

なのでこのCPUが何に使われているのかを示したいと思う。

 

なんとこのCPUは任天堂ファミコンに搭載されているものと同じなのである。

 

2018年現在主流の64bitCPUでもターミネーターが実現できないのに8bitCPUで動いている。

 

これはおそらくターミネータ世界の世界線ではOSが優秀なのだろう。

 

ターミネーターに搭載されているOSのカーネルLinuxカーネル 4.1.15 LTS。

このカーネルは我々がいる世界線では2016年にリリースされている。

もちろん我々の世界線ではLinuxカーネル 4.1.15 LTSでターミネーターのような人工人間を動かすことなんてできない。

 

だからきっとターミネーター世界の世界線でのLinuxカーネル 4.1.15 LTSはとんでもなく最適化された超高性能OSカーネルなのだろう

 

・・・まあ冗談はこれくらいにして少し真面目に語ると

ターミネーター(T-800)はあまり強くない気がする。

 貞子のときも貞子の強さについて語ったので前回の記事を見た人は

 

「お前強さ以外に興味ないのかよ!」

 

と思われるかもしれないがアクション的な要素があるとどうしてもそこに目が向いてしまう。

設定的にターミネーター(T-800)は超合金でできておりダイナマイトを使えば皮膚がはがれるし、強さ的にはそこまで絶望感ない感じがする。

これくらいならアメリカ軍が本気出せば余裕で勝てるだろう。

貞子よりは強そうだけど・・・

 

他に気になった点としてはやはりターミネーターを演じた

シュワルツェネッガーのキャラクター性である。

あの肉体とサングラスから醸し出される男が考える最強の男感。

 

その強烈なキャラクター性がこの作品の魅力で、だからこそヒットしたんだと思う。

 

あと映像とかも当時にしてはすごかったんだろうけど、今見るとチープなのは致し方なし。

アクションシーンとかかっこいい部分もあり、SFとしてもそれなりに面白いので見てよかったと思える作品だった。

 

公開年が1984年なので有名作とはいえど若い人の中には見てない人も多いと思うのでお勧め

 

以上。

【貞子はアイアンマンより強い】映画「リング」批評【初見批評】

前置き

この作品には日本人のほとんどが知っているキャラクターが出てくる。

長い髪で顔を隠しテレビの中にいるはずなのにだんだんと寄ってきてテレビの中から出てくる女、「貞子」である。

自分は貞子については知っていたのだが、恥ずかしながらこの作品が貞子の出てくる作品であることは知らなかった。

公開してから20年後に見た感想ということで、現代の目線からいろいろ語っていきたいと思う。

 

 

貞子の存在

この映画で重要な存在はやはり「貞子」だろう。

貞子の能力として、以下のものがある。

1:松嶋菜々子の腕を握った時に手の跡が残り内出血させるほどの握力

2:遠距離攻撃

3:ビデオを見た一週間後に死を与える能力

4:テレビから出る能力(ワープ能力)

続編もあるようなのでまだいろいろできるのかもしれない。

耐久性についてはまだ言及されていないがどうなのだろうか?

しかしこれだけでも絶望感あるくらいには強い。

こうやって能力を列挙してみると、Marvelのアメコミのような能力に見える。

このあたりの能力の演出に関してはホラーというより、バトル漫画的な「このキャラすげー!」というように見てしまった。

実際、アイアンマンと戦わせてみても絶対勝てるだろう。(というかMarvelキャラで貞子に勝てる存在いるのだろうか?)

 

貞子のデザイン

デザインはよく考えられていると思う。

爪はつぶされていて恐怖をあおるし、顔も最後に目がちょっと映るだけでずっと長い髪で隠されている。

外国に比べて予算がない日本だからこそできる「見えないものによって観客の想像力を働かせて怖がらせる」という手法、貞子のデザインにはこの手法が使われている。

 

VHS特有の怖さ

この作品ではビデオテープを見た後一週間経過すると貞子に殺されるという設定になっている。

ビデオテープに映る映像は乱れがある。

これは現在主流であるDVDにはない現象である。

技術的に想定していなかったビデオテープの経年劣化による映像の乱れが現実になければこの作品もなかっただろう。

実際のビデオテープを利用したときに映像の乱れが生ずるというのは誰もが経験していることだろう。

その乱れには普遍的な恐怖が存在している。

そこに恐怖を見出しこの作品にこぎつけた点については着眼点がおもしろいと思った。

 

まとめ

初見で見たが結構楽しめる映画だった。

ホラーとしても面白い。

しかし自分としてはぜひ『貞子 vs アイアンマン ~日本の最終兵器~』みたいなタイトルで映画化してほしい。

日本で貞子はメジャーな存在だし日本人としてみるとキャッチーな作品になるのではないかと思う。(アメリカ的には知名度ないだろうから絶対やらないだろうけど)

あとあまり関係ないが、ちらっとテレビに映っていた野球中継。

投げていたのがヤクルトの高津臣吾選手で時代を感じた。(現在ヤクルトの2軍監督)

これを機に調べてみたら成績が相当すごくて驚いた。(日米通算300セーブはすごい・・・)

話がそれてしまったがこの映画は今見ても面白いと思うので、見ていない人は見てみるといいと思う。

以上。

 

【難解カニバリズム映画】RAW 少女のめざめ批評

前置き

巷ではカニバリズム映画として見られ、吐き気を催すとよく言われているこの映画。

5回ほど見たが、自分としては正直まだ理解できていない部分も多い。

とりあえず今の段階でわかっていることをまとめたいと思う。

ちなみにネタバレありきなので注意。

 

ベジタリアンと肉食

主人公は母親から肉を食べないように、ベジタリアンとして育てられてきた。

しかし最初の洗礼のシーンでウサギの腎臓を食べさせられてからだんだんと肉食に目覚めていく。

この映画で「肉を食べる」という行為は「生々しさを受け入れる」というメタファーとして使われている。

主人公が豚肉を食べ、生肉を食べ、そして最後には人肉をたべるという風にどんどん生々しいものを受け入れるようになっていく。

主人公が肉を受け入れる段階で主人公の内面も、性的なものや上下関係的な生々しさを受け入れるという方向に変化していく。

肉を食べるということで生々しさを受け入れていくという表現に関しては個人的にはとても面白く感じた。

 

姉の存在

この映画で姉は主人公の未来を暗示しているように見える。

もっというと主人公は姉がたどってきた「生々しさを受け入れる段階」を同じようにたどっていくような演出がされている。

主人公がウサギを食べた後、アレルギー反応を治すためにもらった塗り薬と同じ塗り薬が姉の部屋に置いてあったり、指を食べた後主人公に対して拒食症になってくることを注意したりしている。

これらは姉が自分と同じ道をたどってきたということを示す演出であるといえる。

 

肉を食べる=愛情表現?

主人公が明確に変化するシーンとして「死体とセックス」という歌詞の曲が流れて鏡の前で最初のころに姉にもらった服を着るというシーンがある。

死体=肉という風に解釈すると、肉を食べるという行為が「セックス」つまり「愛情表現」を表すということになる。

そのため主人公と姉が自分たちを食べあうシーンは互いに愛情表現をしているシーンといえる。

 

なぜ死肉なのか?

上記のような「肉を食べる」という行為が「愛情表現」を表すとするなら腑に落ちない点がある。

最後にアドリアンが殺されて横で寝ているというシーン。

ベッドの近くに落ちていたスキーストックとアドリアンの背中の傷。

さらに先ほどの「死体とセックス」という歌詞から察するに、アドリアンの死因は足を食べられたからではなく、後ろからスキーストックを突き刺されたからといえる。

足を食べたから死んだという風に解釈するとスキーストックの意味がなくなってしまうのでこの推察でないとつじつまが合わなくなる。

だがなぜあえて死んだ状態で食べるのか?

食べるという表現が愛情表現なのだとしたら生きている状態で食べても問題ないのではないか?

単純に映画上の演出とも考えたが、先ほどの歌詞とスキーストックの件から明らかに生きている人間でなく死体を食べるということに対して何らかの意味があるように演出しているように見える。

自分としてはこの点がよくわからなかった。

 

他の不明な点

不明だった点はほかにもたくさんある。

以下に不明だった点を挙げる。

1:医者の昔話

主人公がウサギを食べた後、医者に行くシーンで医者が言っていたふとっていた女の子の話。

血液検査で太っていたことをなじられていた女性。

その話をしたのが50代くらいの医者で研修医時代のことだといっていたので母親のことではないかと思われる。

しかしこのシーンが具体的にどんな意味を持っているのかわからない。

 2:やたら誇張する「1年目は大丈夫」というフレーズ

姉と最初に再開するシーンで「1年目って最高だから」というセリフや、医者が言っていた「静かにしていれば目立たない最初の1年はね」といったセリフ。

このように明らかに1年目だけ誇張して話しているけど、これも読み解けなかった。

作中を見る限りだと1年目と2年目以降でどう変わってくるのか具体的にわからなかった。

 

3:動物のメタファー

この映画の舞台は獣医学部ということであらゆるところに動物のメタファーが盛り込まれている。

最初のウサギの腎臓を食べるシーンではおそらくウサギを性の象徴として使っている。(ウサギは一年中発情期らしいのでよく性の象徴として用いられる)

他にも豚と人間の遺伝子構造が似ているという話や、チンパンジーエイズ感染の話など動物のメタファーらしきものがたくさん用いられているがわからないシーンが多かった。

姉の指を食べた後に主人公の父が病院を出た後に言っていた「人の肉の味を知った以上犬は危険だ」ということで安楽死したことを告げるシーンや飼っているペットが犬であることなどから犬は重要であると考えられる。

姉と食べあいをするシーンの前にアドリアンに動画を見せてもらうシーンでも、主人公は酔ってて犬っぽくなっていることから飼っている2匹の犬は姉妹を表しているのかもしれない。

そうなると食べあうシーンは闘犬を表しているのかとも思ったけど、そう考えるとますますわからなくなるので実際のところよくわからなかった。

 

4:新入生期間終了の笛の意味

入学のシーンで血を浴びせられ、先輩が演説をするシーン。

その時に新人期間はこの笛を吹いたら終了だからそれまではがんばれ見たいなことを言うシーンがある。

そしてその笛は、アドリアンが殺される朝のところで鳴ることになる。

新入生期間終了のシーンで、主人公に何か変化した点があるかどうかを考えると、ここで初めて人間の死肉を食べたという点くらいしか見当たらない気がする。

そう考えるとやはり死肉を食べるということに意味があるのだということが考えられるが、うえでも書いたけどなぜ死肉に意味を持たせているのかがわからない。

 

5:ラストシーンの父親

最後の自宅で父が主人公に対して自分の傷を見せるシーン。

主人公に対して「お前は解決法を見つけてほしい」と言う父。

ここで言っている解決法とは何を指しているのか?

愛情表現は限度を超えると他者を傷つけるということを表しているのか?

このあたりの解釈もいろいろ考えたけどしっくりくるものが見つからなかった。

 

まとめ

自分の感性や推察力の限界であまりこの作品を分析できなかったことはとても悔やまれる。

メタファー多くて考える要素が多く、何度も見れるほどの怪しい魅力を持った作品だと思う。

この映画は理解しきれなかったけど、言語化できない何かは自分に伝わった気はする。

曖昧な表現で申し訳ないがこれが限界。

以上、わからない点が多すぎて申し訳ないが批評を終わりたいと思う。

【本当に怖いのは幽霊ではなく人間】映画「ミザリー」の面白さ

前置きとあらすじ

前回「Get Out」という映画を批評する際にミザリーを引き合いに出した。

前回の文章だとあまり伝わっていなかったかもしれないので今回はミザリーの面白さについて書いていきたいと思う。

まずあらすじとしては、「ミザリー」というタイトルの小説を書いている小説家が、ニューヨークに帰る最中に雪山で事故を起こすところから始まる。

事故で負傷した小説家が、小説家の狂信者に救われて、監禁されどうなるか?という話になっている。

 

圧倒的なアニーのリアル感

この映画のすごいところは、アニー・ウィルクスという小説家の狂信者の精神をこれでもかというくらいリアルに描いているところだといえる。

アニーは小説家に対し優しく接するという一面も持ち合わせている。

しかし、少し気にくわないことがあるとすぐに癇癪を起す。

そういったメンヘラ的な性質に対して、とても気を使って接する小説家の描写がとてもリアルなのである。

 

ホラー映画ってどうなの?

自分はホラー映画であまりこわがらない。

突然飛び出てびっくりさせる手法や、幽霊やグロ、そういったよくあるパターンで構成されていて、一瞬びっくりするかもしれないけどその場で消費されてしまうからだ。

自分がなぜミザリーをこわいと思うのかというと、幽霊などといった存在しないものではなく人間の怖さを描いているからである。

 

まとめ

幽霊やグロというものは消費的だといえるだろう。

一回見たらそれで終わりで、あとになったら「あのシーン怖かったよね~」という感じで話のネタになるくらいだろう。

しかしミザリーを見た後に残る恐怖感はそんなものではない。

ミザリーは架空の出来事ではなく、そのような人間は現実世界に実際にいるのである。

つまり本当に怖いのは架空の存在ではなく現実世界の人間である。

【酷評なので閲覧注意】映画「Get Out」批評

前置きとあらすじ

映画「Get Out」をいまさらながらamazonプライムで視聴したので批評してみることにする。

ざっくりとしたあらすじとしては、黒人の主人公が白人の彼女の実家に行ったら洗脳・監禁されて、ギリギリのところで抜け出すという話。

 

黒人差別に関して

テーマとしてはわかりやすく黒人の差別問題を描いている。

しかしこの映画の特徴はほかの黒人差別映画と違って直接的な黒人バッシングの罵倒などがないことがあげられる。

白人と主人公が会話をするシーンでも、「黒人は身体能力が高いよね」とか「タイガーウッズは好き」とかのように「黒人ってこうなんでしょ?」っていうようなレッテルを張っているような発言で黒人である主人公に接する白人。

直接的ではないが遠回しに遺物であるといわれているような発言でこのあたりの会話はリアル感があると思った。(日本人でもハーフとかに対してこういった感じで接しがちかもしれない)

 

映画の全体の感想

黒人差別の細かい発言に関してはリアルだと思ったが、この映画それ以外がチープすぎるように感じた。

以下チープだと思った点を挙げる。

 

1:ヒロインである白人の彼女の変わり身のすごさ、全然リアル感がない。

今までに何人もの黒人と付き合ってそのたびに実家に連れてきて家族ぐるみで洗脳して 手術してたって考えるとちょっと無理があるような気がする。

今回の主人公クリスの場合、5か月付き合って実家に連れてきたといっているから、ほかの彼氏もそのくらいで実家に連れてきたのだろうと思われるが、そう考えると

彼女の年齢いくつだよ!!!」

と突っ込まざるを得ない。

 

2:ホラー演出のシュールさ

 夜、黒人の使用人が走ってくるシーンや、彼女の母親に催眠術を掛けられ黒い場所に落ちていくシーンなどホラーっぽく描いているけどシュールで笑えてきた。

この映画はどのシーンもホラー的なドキドキ感がないというか、すべてがシュールなシーンに見えてしまった。

 

3:設定にリアル感がない

これはホラー演出のシュールさにつながってくると思うのだが、全体的にキャラの掘り下げが少なくて人間味がない。

黒人の使用人たちも、体を乗っ取られているという点では不気味さを感じるのだが、もともとの人間を描いていないためなんだかリアル感がない。

そのためシュールに見えてしまうのだと思う。

同じように人間の怖さを描いている映画「ミザリー」と見比べてみるとわかりやすいかもしれない。

ミザリー」だと作家のファンであるアニー・ウィルクスの狂信者感は本当に実在してもおかしくないような感じがする。

この映画の設定はそのような実際に存在するんじゃないかというリアル感がない。

 

まとめ

黒人の差別を書きたかったのがわかるし、実際にそのあたりの黒人差別的な会話描写にはリアルっぽさがある。

しかしそれ以外が雑すぎる印象。

監督自身はこの映画をコメディではなくドキュメンタリーといっているが、この出来ならシュールなコメディ映画といわれても仕方ないと思う。

この程度の内容なら映画にする必要はなく

「エッセイやTwitterでいいだろ!」

と思ってしまう。

余談ではあるがこの映画批評家支持率99%らしい。

スターウォーズエピソード8の時も思ったけど最近の映画評論家は絶対金をもらっていい批評ばかりしていると思う。(あくまでも個人の感想ですが)

以上、酷評で申し訳ないですがこれで終わります。

昨今の藤井聡太に関して

自分の将棋歴

自分は将棋が好きだ。

ハマったきっかけは2012年くらいから始まった電王戦。

コンピューター将棋とプロの棋士が戦った5番勝負。

そのコンピューターと人間の戦いというよくあるけど熱い構図にひかれて電王戦を見ていた。

そしてみているうちに将棋にはまっていくことになる。

もともと 将棋部に所属していたこともありプロ棋士の将棋を見てすごいと思えるくらいには棋力がある。(もちろん細かいところは全然わからないけど。)

電王戦が白熱していた2014年くらいまでは将棋をちょくちょくやっていたが、時間が過ぎると熱が冷めやらなくなってしまった。

 

藤井聡太の登場

2年ほど前にさっそうと現れた藤井聡太。(正確に言うとプロ初対局は3年前の年末だけど)

29連勝という大記録をいきなり打ち立てたのもそうだが、何よりも寄付がすごい。

読みの深さはもちろんのこと、相手を惑わすような勝負術、コンピューターでの序盤研究の範囲の広さ、何をとっても欠点がないのがすごい。

マスコミなんかでも騒がれたので、将棋を普段知らない人にも知られた。

彼の棋譜を見ることで自分の将棋の熱がまた戻ってきた。

 

藤井聡太の現在

最近マスコミなどでは以前のように大きく取り上げることはなくなった。(それでもたまにNHKとか民放とかに出てくるけど以前のように毎日という感じ取り上げられることはなくなってきたという意味です。)

そのため将棋に詳しくない人は藤井聡太の最近の動向に詳しくないのかもしれない。

彼は今強さを表す数値である棋士レーティングで3位である。(以下リンク)

将棋棋士レーティングランキング shogidata.info

この若さで、さらにこの短期間でここまで上り詰めるのは生半可ではない。

実際に勝率も8割越えととんでもない成績である。

タイトルを取るのが遅いという批判もあるが、それは的外れで、実際の勝率や棋譜の内容をみればタイトルを取るのは時間の問題だと思う。

ただ、藤井聡太には運がないと思う。

振り駒といって先手か後手かを決定するじゃんけんみたいなものがあるのだが、最近は後手の場合がとても多い。

実際に数値をとったわけではないが、将棋中継を見ると毎回後手をもって指している印象がある。

将棋はもともと統計的に先手のほうが勝ちやすく、昨今の序盤研究の進み具合によってますます先手が優位に進めやすくなった印象もある。

彼には運も味方につけてほしいところだが、個人的には後手でも勝てないくらい強くなるのではないかと期待している。

 

まとめ

将棋はあまり強くないけど、将棋界に関しての知識は結構持っていると自負している。

今回は藤井聡太を語った(もっと語りたいことはあるけど)がほかの棋士について今後語っていけるといいかなと思っています。

昨今は、将棋の内容がわからない人でも、将棋棋士を見るいわゆる「観る将」といわれている人たちが存在する。

将棋界には魅力的な棋士の先生たちがいるからそう言った存在も生まれるのだろう。

この記事を見てくださった方にもそういった楽しみもあるということを伝えたかったので書いてみました。

以上、将棋レポートでした。(閉め方がわからない・・・雑ですみません・・・)

今後のブログの方針と名古屋コミティアの感想

前置き

最近ブログが更新できていない。

文章力を高めるため、かつ日々面白いと思ったことを言語化するために始めたブログ。

書かなければあまり意味はない。

そのため多少記事の質を落としてもできるだけ更新頻度を高くしていきたいということを、表明したいと思います。

一応ネット上に決意表明することで多少なりともやらなきゃという感情を呼び起こしたいという次第。(かつ質を落とすという言い訳もついでに・・・)

 

本日の出来事

上記の前置きだけでは少なすぎると思いましたので一応何らかのネタを書いていきたいと思います。

別段掘り下げて書くことがないので日記のようになってしまいますが今日の出来事について書きたいと思います。

本日は前々から行く予定だった名古屋コミティアというイベントに行ってきました。

このイベントには前々から行きたかったのですが、なぜかこのイベントの日に予定が入ることが多かったため、今回はじめて行くことになりました。

 

コミティアとは?

ここでコミティアとは何かわからない人のために説明すると、コミティアとはコミケの2次創作禁止版という感じのイベントでオリジナルメインの同人誌即売会です。

 

会場の雰囲気

会場に行く前は特にほしい本などがなかったので、イベント開始時間の一時間後くらいに会場に着いたのですが、思ったより人がいなかったという印象です。(コミケに入ったことあるのでそれくらい入るのかと思っていました、開始後すぐとかはどんな感じだったのだろうか?)

会場を回っていると、サークル参加をしている方でも年齢層が結構広いことに驚きました。

取り扱っている内容も漫画だけでなく小説、解説本など多岐にわたっていて事前調査しておくべきだったと後悔しています。

たまたま興味を持って買った漫画にサインをしてくれる方もいらっしゃいました。(後で調べてみて驚いたのですがwikipedeaにのっているくらい有名な方でした。)

 

まとめ

以上が雑ですがコミティアの感想です。

参加してみて思ったのが、埋もれている面白いものが多いということでした。

マイナーなサークルの方でも絵うまかったり、話自体がおもしろかったりするのもあったり、ジャングルの体験記みたいのもあったり、文芸誌的なものもあったり、たくさんのマニアックなものがあり個人的にはとても面白かったです。

関西コミティアとかもあるらしいのでいろいろな地域での参加や、もっと他の同人イベントに参加するのも面白いのかもしれないと思わせる日でした。